フィルムは記録する

大同石佛寺

北魏の都・大同(現在の山西省大同市)の西20キロ、数十窟に連なる岩屋に石仏が彫られた寺院を紹介する作品。現在、雲崗石窟としてユネスコ世界遺産に登録されている。撮影当時は、京都帝大東方文化研究所による調査が行われており、貴重な文化遺産を破壊から守る日本軍の役割をアピールしている。

作品詳細

映画題名
大同石佛寺
映画題名ヨミ
ダイドウセキブツジ
製作年月日
1941
時間(分)
8
サウンド
サイレント
カラーの種類
白黒
製作会社
文部省
フィルム映写速度
24
備考
元素材は、1971年度に文部省より管理換を受けた35㎜不燃性マスターポジ。
参考文献
国立近代美術館フィルムライブラリー『上映映画解説 1953.6.27ー7.31 No.8』