フィルムは記録する

海豹島

「海豹島」とは樺太(現・サハリン)島東海岸から南に突き出た半島より18キロほど離れたオホーツク海にある小島。1925年8月、皇太子の樺太行啓に派遣された文部省活動写真班がこの島に渡り、大量に生息しているうみがらす(ロッベン鳥)とオットセイ(膃肭臍)の生態をつぶさに記録した作品である。

作品詳細

映画題名
海豹島
映画題名ヨミ
カイヒョウトウ
製作年月日
1925
時間(分)
11
サウンド
サイレント
カラーの種類
白黒
製作会社
文部省
スタッフ
撮影:文部省活動写真班、協力:樺太廳
フィルム映写速度
18
備考
元素材は、1971年度に文部省より管理換を受けた35㎜不燃性マスターポジ。
参考文献
文部省普通學務局社會教育課『大正十五年一月 文部省製作 活動寫眞「フイルム」目録』(1926年)30-32頁。題名は「北海の奇觀海豹島」となっている